最新のツイート:

"いいのか!意識がすごい高いけど、知識や能力がそれに追いついてない奴よぶぞ!!"

Twitter / ges616 (via ajinotatakinamennna)

(yaruoから)

"

公園の禁止事項増加 「談笑」「ダンス」「漫才の練習」など

夏休み終盤、都内のある公園の光景は異様というほかなかった。隅のベンチで小学生が固まって携帯ゲームに興じている。広い公園では、他にちらほら歩く人がいるくらいで、まだ陽も残っているのに静まり返っていた。なぜ走り回ったり球技をしたりしないのかと子供に問うと、こう答えた。

「うるさくしちゃダメって書いてあるから、静かにゲームしてたんだよ。ボール遊びもダメだからサッカーもできないし」

確かに公園入り口に掲げられた管理自治体名が入った看板には、これでもかと数々の警告が並んでいる。「ボール遊び禁止」、「大声禁止」、「自転車乗り入れ禁止」……。近所の住民はこう嘆く。「中には『見つけしだい通報します』という“脅し”が書かれている公園までありますよ。子供が思いきり遊べないから、児童公園なのに、たまにお年寄りがベンチに座っているのを見かけるくらいです」

他の地域はどうか。調べただけでも、様々な禁止事項に出くわした。「喫煙禁止」や「花火禁止」、「犬の散歩禁止」、中には「ベンチでの飲食禁止」という公園まであった。さらには談笑の禁止、楽器やダンス、漫才の練習禁止という“変わり種”もある。許されているのは公園に入ることくらいなのだろうか。

禁止事項が増えた原因は、近隣住民からのクレームといわれている。例えば西東京市では、公園の噴水で遊ぶ子供の声が「騒音」と認定されて噴水が停止された。ご近所のトラブルが裁判沙汰になるケースも少なくない時代なのである。

http://www.news-postseven.com/archives/20140901_274037.html

"

最近の公園のルール 「ボール禁止」「大声禁止」「談笑禁止」「自転車禁止」「犬禁止」「飲食禁止」 (via hizayamasan)

(deli-hell-meから)

"ロシア人の男で出張に行って浮気しなかったのはガガ-リンだけだ。"

j-commu-01 (via iterwtt) (via vevev) (via fukumatsu) (via theemitter) (via yaruo) (via gkojax) (via ljmp) (via jinakanishi)
2009-09-13 (via gkojax-text) (via gkojax) (via writerman-js) (via tra249) (via zanpei) (via yellowblog, iterwtt-deactivated20110922) (via ibi-s) (via nun156848) (via syonbori) (via ycums) (via rosarosa-over100notes) (via gkojax) (via jumitaka) (via precall) (via slay-t) (via zaiga) (via highspeedturbine)

*2

bbk0524:

Singapore Container Terminal (via Satoshi Hachima)

"【追記 2014.8.30】
ウェスティンの客室からチマチマ撮影したタイムラプスのコンテンツをネタに、はじめて動画を編集し、投稿してみた。 じっくりご覧いただくと、コンテナシステムの極めて精密な管理に驚嘆していただけると思う。そしてなによりも、今すぐにこのホテルに泊まりたくなる衝動に 駆られることを願う。”

コンテナビューホテル - 何かからはみ出した、もうひとつの風景

"国の財政を家計と同じと言い出す意見には無視して構わない。
・家計には通貨発行権がない
・家計には金融政策はない
・家計には、徴税権を変更する機能はない
だからさぁ。政治家が率先してデマばら撒くのやめようよねー。
どの世界にお金を自分で作り出したりお金の希釈を行える家計あるのさ"

Twitter (via toronei)

(bbk0524から)

"

キャプテン翼で学んだこんな間違い

チーム内の実力者やキャプテンにはタメ年でも敬語を使わなければならない

九州人は語尾に無理やり『タイ』を付ける

沖縄旅行に行くと必殺シュートを身に付けなければならない

兄弟だとコンビプレイが上手い

でかい奴は発射台にされる

シュートを撃ち返すと龍が見える

シュートをドライブシュートで撃ち返すと鳳凰が見える

イタリアはサッカーがメチャ弱い

荒波に向かってボールを蹴ると威力が上がる

シュートは顔面で防ぐのがベストだ

一度見た技は二度とは通用しない  ←それは聖闘士星矢

雪国の人は足腰が強い

厳密にはオフサイドというルールは存在しない

フランスで買い物する時にはフランスパンを欠かしてはいけない

スェーデンでは海賊ルックが静かなブームだ

準決勝は雨が降りやすい

やつ当たりで女神像を壊しても怒られない

サッカーは格闘技

アフリカ人はみな上半身ハダカである

ジタンはハゲてない

ディフェンダーはサッカーが下手な奴がなるポジションだ

ゴールポストを蹴るとジャンプ力が上がる

ドライブシュートは人を吹っ飛ばすほど破壊力がある

ディフェンダー100人より天才キーパー一人のほうが役に立つ

エースストライカーは冬でも袖をまくらなければならない

帽子はゴールキーパーの体の一部

ヤッパコーラは最高

心臓病はそのうち勝手に治る

キーパーは珍妙な特訓をしなければならない

各国の代表はその国のお国柄に応じた必殺技を使わなければならない

顔がいい奴のほうがサッカーが上手い

ガンバると誉めてもらえる    ←それは当たり前

静岡人は標準語で話す

佐野君がシュートを決めても得点は次籐扱い   ←それはゲーム

前髪がとんがっているといつのまにかシャークとかいうアダ名を付けられる

ボール越しならミドルキックを叩き込もうがジャンピングニーを叩き込もうがOK

シュートの破壊力を測る単位はMAX

ティラムの実家は貧乏

純正ディフェンダーよりミッドフィールダーからコンバートした奴のほうがディフェンダーとして役に立つ

キーパーにとってはゴールポストもトモダチ

フランスは審判の贔屓がひどい

世の中には金持ちと貧乏人の二種類しかいない

ツートップの片割れはスルーが主な仕事

玉を五つ集めると地獄から復活できる  ←それはキン肉マン

北海道人は標準語で話す

ドリブルで抜かれた時は『なにィ』と言わなければならない

秋田人も標準語で話す

センターフォワードはワガママ   ←それは日向だけ

関西人はデブのみ関西弁

一回転するとシュートの威力が上がる

顔がサルに似ていると必殺技名にヤマザルを入れなければならない

弾道の低いシュートを打つには松山の許可がいる

日本は交通事故の発生率が異常に高い

サッカーを見に行く途中の女は交通事故に遭いやすい

自画像と実物はぜんぜん違う

兄より優れた弟はいない   ←それは北斗の拳

メキシコといえばルチャ

トモダチは蹴っとばすものである

練習試合の対戦相手は試合場についてから発表される

あやしいババアの占いはよく当たる

タイといえばムエタイとセパタクロー

フランスといえばエッフェル塔

自称点取りやはジツは点を取れない

サッカー部のマネージャーはそのチームのキャプテンと付き合わなければならない

シュートはディフェンダーをかわして決めるのではなくディフェンダーをふっ飛ばして決める

ゴールネットは破れやすい

重いものの方が早く落ちる       ←それはキン肉マン

アナウンサーはめちゃくちゃ早口だ

イーグルを直訳すると北国になる

ブーメランの原産地はオーストラリアではなくアフリカだ

どんなにマイナーな試合でもかならず実況と解説が付く

地面を蹴るとシュートの威力が上がる

格闘技をやっている人間のほうがサッカーが上手い

サッカーが上手くなるとボールとアツいトークが出来る

雷獣はトラよりも強い

荒鷲は低い軌道で飛ぶ

厳密にはファウルでも審判のフエはならない

ボールはトモダチ

"

キャプテン翼で学んだこんな間違い (via sayusayukawaii) (via superartlife) (via rosarosa) (via gkojay) (via xxx-irielife-xxx) (via rosarosa-over100notes) (via gkojax) (via bbk0524)

"

「くの一サロン 忍者屋敷」(^ω^;)

ようするにピンクサロン、略してピンサロ。

このあまりにも突き抜けたセンスに衝撃を受けた私は
今夜の宿をとったあと、さっそく突入することに……。

店に入ると、痩せたお婆さんが出迎えてくれた。
入場料2000円手渡し、忍者屋敷の奥へと案内された…。

店内は薄暗く、雑然としており、申し訳程度の仕切りがあった。

そして至る所に昭和風味の広告、照明にもなる看板、置物、観葉植物。

もうとにかく、昭和の日本!!

まるでタイムスリップしたような気分に…。

ひとつのテーブルにつくと、飲み物を出され、
なぜか案内のお婆さんが対面に座った。

(なぜだ?なぜ座る…?)


疑問に思いつつも、お婆さんは「どこから来たの?」
「ひとり?」など質問してくるので反射的に答えていると、


20分くらいは過ぎただろうか、


お婆さんが、


(・´з`・)「どうする?○○○○円でサービスあるけど?」

Σ(゚Д゚;)「ええっ!?婆さんがっ!?」

(記憶は定かではないが確か6000円~8000円くらいだったように思う)

(・´з`・)「やだねェ、若い子だよ(笑)」


(´ε`;)「…そっか、良かった(ふぅ)」

数千円支払うと、お婆さんと入れ替わりに
肉感的なお姉さんが対面ではなく私の左に座った。


年の頃は40代前半から半ばくらいか…、

直前までお婆さんを見ていたせいか、ものすごく若くて美人見える。


これが忍法か!!お婆さんの忍法か!!

"

【下ネタ注意】「くの一サロン 忍者屋敷」 - 黒ウサギの庭 - Yahoo!ブログ (via twinleaves)

(bbk0524から)

"ワラをもすがる思いの患者と家族たちにマジもののワラを掴ませて溺死させるホメオパシーと食事療法はすごいと思う"

Twitter / okumuratorucc (via rpm99)

(bbk0524から)

"実験では、学生を整理整頓された部屋と散らかった部屋に分け「今までにない、新しいピンポン玉を作れ」というミッションを与えた。 すると、前者のグループは既存の枠組みから抜け出せず、アイディアを完成させることも出来なかった。それに対し、後者のグループは誰の目から見ても斬新なアイディアを思いついたのである。 この他にも、綺麗な部屋で過ごす人は伝統的なものを、散らかった部屋で過ごす人は最新のものを選ぶ傾向にあることが分かった。"

アインシュタインからジョブズまで。科学的に解明された「天才の部屋は散らかっている」 | TABI LABO (via shi3z)

(rekumblrから)

"

製薬会社というのは、要するに会社であって、利益を上げることがその存在目的だということです。要するに、利益が上がれば良い。まあ、それ以外の社会的、倫理的意義を掲げる経営者もいないことはないですけれど。そういう意味では、唐突な例ですが、ラーメン屋と一緒です。まずいラーメンを出しても、客がどんどん来て儲かるなら、普通、ラーメン屋は高額の投資をして、上手いラーメンをつくろうとはしません。でも、それでは、隣の來来軒に客を取られるので、仕方なく、美味いダシをとるべく、店主は特別な鶏がらの調達に奔走するわけです。

製薬会社だって、ぜんぜん効かない薬もどんどん承認されて、飛ぶように売れるのであれば、わざわざ研究開発などをしません。でも、それでは、競争に生き残れないので、「仕方なく」研究開発をするのです。世の中にはいろいろな産業がありますが、売り上げの15-20%までを研究開発に投資すると言うような、キチガイじみた開発競争をしている業界はちょっと思いつきません。そして、その製薬会社が、研究開発の際のよりどころにしているのが、いわゆる西欧流のサイエンスであるのは、偶然ではありません。それが、もっとも投資効率がよいから頼りにしているだけです。ほかに、もっと安上がりの薬を作るための良い指針があるなら、世界中に無数にある製薬会社の切れ者たちが、それに目をつけないわけはありません。私などからみると、もう信じられないくらい優秀かつ勤勉な、ビジネスマンサイエンティストが、鵜の目鷹の目で、新しいアプローチを模索しています。そして、実際にそういう探索は常に行われています。以前に、仕事でイタリアの天然物抽出の会社をたずねたことがありますが、そこの研究所には、インディアナジョーンズも真っ青と言うような、奇怪な植物・動物の干物が、山積みにされていました。製薬会社のトップ(少なくとも株主)も、別に主義主張としてサイエンスをやっているのではありません。どんな不思議な水でも、虫でも、草でも、護摩でも、本当に効くなら、なんとしてでも他人より早く開発のパイプラインに載せて、特許をおさえてしまいたいと、思っています。

溺れる者はわらをも掴む。人間は弱いものですから、がんがこの世から一掃されるまで、がんに効く健康食品代替療法の宣伝が新聞雑誌から姿を消すことはないと思います。それを反証するように、すでに西欧医学によって、ほぼ駆逐されてしまった、あるいは良い治療法の確立した病気、(結核とか、天然痘とか、胃潰瘍とか)に効くことを謳った健康食品代替療法にはお目にかかりません。ここには、非常に単純な市場原理が働いています。私は、健康食品代替療法の氾濫については、まあ、それはそれでいいのだと思っています。もし、そういう胡散臭いもののなかに、本当にがんの治療の主流となるような方法が潜んでいるなら、それは、近い将来、自然に医療の世界に市民権を獲得して、広く使われるようになるでしょう。なぜなら、上に書いたように、この世界の「何でもあり」の厳しい市場原理が、本当に売れる商品が小規模なネット販売などの世界に留まっていることを許さないだろうからです。

"

スティーブ・ジョブスと民間療法 - kuwachannの日記 - 食道癌治療・回復の記録 (via rpm99)

(deli-hell-meから)