最新のツイート:

"酒飲みには聞き捨てならない話がある。「お酒を飲むと脳細胞が死ぬ」というのだ。これって本当なのだろうか。医療法人社団榎会・榎本クリニックの深間内文彦院長に聞いた。

 「その通りです。加齢とともに脳の神経細胞は減っていきますが、アルコールを長年飲んでいる人の脳では神経細胞の減少率が促進され、CTなどで見ると年齢のわりに高度の萎縮が見られることがあるんですよ」

 ガーン!! ちなみに、お酒を1日2合以上飲む人の脳では明らかな萎縮が見られると報告されており、飲まない人に比べて酒飲みは10年早く脳萎縮が進むといわれるのだとか。

 「例えば、脳の海馬という部分に萎縮がおこると、記憶力が低下し、物忘れがひどくなります。飲酒時のことを覚えていないブラックアウトという現象もこのためです」

 「覚えてない」って、言い訳じゃなかったんだ…。

 「さらに、前頭葉という部分の萎縮が進むと、思考力や判断力が低下したり、キレやすくなるといった人格変化が起こったりします。そのため職場や家庭でトラブルを起こすことがよくあります。これは単に脳細胞が死ぬという構造的な変化だけでなく、アルコールが脳内で情報のやりとりをしているさまざまな物質に損傷を与えているためです。脳へのダメージが進行すれば、アルコール性認知症と呼ばれる知的活動が低下した状態になってしまいます」

 さらに、アルコールとうつ病には密接な関係があり、お酒を飲み続けている人の自殺のリスクは非常に高いこともわかっている。また、胃潰瘍、高血圧、心筋梗塞、慢性膵炎、糖尿病、痛風、がん、性機能障害など全身のあらゆる臓器に問題を起こすのがアルコールだ。

 破壊された細胞はもう手遅れなのだろうか。

 「いいえ、手遅れというわけではありません。きっぱり酒を断てば、脳の神経細胞が修復され、あるいは新たに生まれかわり、数カ月、数年単位で脳の萎縮が改善する症例があることも近年、わかっています」

 まずは休肝日を作るところから、始めてみるか。"

【知りたくもない!?カラダの不思議】お酒を飲むと脳細胞が死ぬ!? - 健康 - ZAKZAK (via kml) (via gkojaz)
2010-02-18 (via gkojay) (via petapeta) (via yaruo, yaruo) (via motomocomo, motomocomo) (via otsune, otsune) (via salucoro, salucoro)

くぅー

"昔大学のサークルで「どんな会話にも使える返し」を研究したことがあって、最終的に同率一位を獲得したのが「人生みたいだね」と「それをぶち破るのがロックだ」だった。"

Twitter / USAGI_koTENGU (via whyareyouwanazawasan)

(deli-hell-meから)

(元記事: bocchi (deli-hell-meから))

"以前も何度か書いたんですが、「分かりやすい悪役が含まれた情報」に触れた時に、ガードを大幅に下げてしまう人って、やはり物凄く多いんだなあと。そんな中でも、特に、「特定の藁人形を悪役にした情報」ではより一層その傾向が強くなるなあ、と。そんなことを考えています。


私が観測する限り、「NHK、電通、JASRAC」の三つが、Web上で藁人形役になる機会はかなり多いような気がします。webにおける藁人形三兄弟です。"

藁人形をデマ情報で燃やして、注目を集めようとする人達: 不倒城 (via katoyuu)

(deli-hell-meから)

"

学校の授業で、世界各地の紛争と難民問題について勉強した娘が宿題をもってきた。

「お母さん、ルワンダの虐殺って知っている?」

「うん。10年ちょっと前ぐらいかな、起きたのは」

「『今日は触れられなかったけれど、帰ったら調べてみてください』と言われたんだけど」

「まぁ、だいたいは知っているけどね」

「じゃ、なんで、起きたの?」

でもって、延々1時間ぐらい、質問責めにあったw

1994年にルワンダで発生したジェノサイドである。1994年4月6日に発生したルワンダ大統領のジュベナール・ハビャリマナとブルンジ大統領のンタリャミラの暗殺からルワンダ愛国戦線 (RPF) が同国を制圧するまでの約100日間に、フツ系の政府とそれに同調するフツ過激派によって、多数のツチとフツ穏健派が殺害された。正確な犠牲者数は明らかとなっていないが、およそ50万人から100万人の間、すなわちルワンダ全国民の10%から20%の間と推測されている。

ルワンダ虐殺 - Wikipedia

もう20年たっていたのには、後で検索して驚いたんだけど。

「そもそも、どうして、ここまで殺しあったの?」

ツチ族フツ族の対立が原因と言われているが、正直、大した違いはないし、お父さんはツチでお母さんはフツなんて家もたくさんあったから、単純な民族対立が理由ではない。いろいろ言われているけれど、当時の政権が、フツ族出身の大統領の暗殺を機に、結束を固めるために行った宣伝活動が大きかったとみなされているね」

「それで、『殺せ、殺せ』ってなったの?」

「前に見たドキュメンタリーでは、たくさん宣伝はされているんだけれど、直接的に『殺せ』とは言っていないんだよ。このころのルワンダではラジオが主なメディアで、携帯電話もなかったし、『あいつらは敵、寄生虫のようにオレたちの血を吸って生きている』や『ツチを追い出せば、すべてが良くなる』みたいに悪口をラジオから聞かされていると、何となくイヤなムードができあがったんだろうね」

「そんなことで殺せるの?」

「毎日の生活の中で、あなたも、誰かのことを憎く思う瞬間ってあるでしょ。『先こされた』や『ずるい』とかね。たまたま、それをやったのはツチ族だと、『やっぱり、ツチは狡賢いな』という話になっていくんだよ。それが積もり積もっていく、その前のムードを巧妙に作ったんじゃないかな。だから、賢い人たちは『これはまずいだろ』と気付いて、加わらなかったんだよね」

「でも、なんで、エスカレートしていったの?」

「それなんだよね。最初は、ツチ族が殺されそうになると、かばっているフツ族の人も多かったんだよ。でも、『かばうお前も、奴らの仲間だ』となって暴力振るわれたりすると、もう、止めようがないというか。たぶん、ツチ族と勘違いされて殺された人も多かったと思うんだよね」

「なんで?」

「だって、ふたつの民族の差は、身分証に『ツチ族』か『フツ族』と書いてあるぐらいしかなかったそうだよ。外見上、多少の差があるらしいが、個人差の方が大きいから。ハッキリ確認するには身分証ぐらいしかなかったらしい」

「え、それだけなの? じゃあ、身分証を捨てちゃえばよかったじゃない」

「でも、身分証がないと、『お前は嘘ついて、逃げようとしているツチ族だろ』と見なされて殺されたんだと思うよ。たまたま外出したとき、身分証を忘れてしまったとかでもね。ツチ族を見つけたら殺してやると歩き回っていた民兵がどこにでもいたから。そういう民兵の目をかいくぐって、隣人を助けようとしたフツ族の人たちも大勢巻き込まれて殺されたそうだよ。もう、殺すのが、平気になっちゃったんだろうね」

「ひどいねぇ。ルワンダ、恐ろしいや、アフリカは」

「まぁ、でも、ルワンダという国がひどいというよりは、こういう組織的な宣伝を行うと、たやすく虐殺が起きることは、ヨーロッパでも、アジアでも、どこだって変わらないんだよね」

「えぇ、そうなの」

「例えば、ユーゴスラビア紛争の話は、授業の中で、出なかった? ボスニア・ヘルツェゴビナで起きた虐殺とか」

「出たよ」

「ユーゴでも組織的な虐殺事件があらゆるところで起きたよ。民族関係なく、お互いに報復しあって。ユーゴは、ヨーロッパの一部だし、テレビもラジオも発達していたんだけどねぇ。国連軍も介入していたのに、止められなかった」

「そうなると、どう考えたらいいんだろう。わからないや」

ルワンダでは、虐殺を生き延びた人たちやそれを傍観していた人たち、実行者たちが、和解をすすめながら、なにがまずかったのか議論しているよね。それでなんとなく、虐殺が起きる状況とはなんだろう。ってのは見えてきている。権力を握った人たちが宣伝できっかけを作り、それに国民がのっかって、少数者を排除しようとする」

「こんな恐ろしいことだって、わかっていたのに、止められなかったんでしょ」

「うん。だから、なんとなく世の中の意見がドッと一方向に流れていくのは、危ないなぁと意識しないと」

「もしかして、日本でも起きる?」

「うーーん、起きる可能性はあると思う。最近、新聞は嘘ばっかりとか言ってネットの情報鵜呑みとかw 街角で外国人への憎しみを煽るとか、割と見聞きするでしょ。ああいうのは怖いよね」

「そうか、そうだね」


娘に改めて言われて、考えると、結構、怖いよね。

虐殺へのレールの上で走り出したら、止められない気がしてきたよ。

"

どこか知らない遠いところで - 北沢かえるの働けば自由になる日記 (via odakin)

(deli-hell-meから)

*93

"#ShogiLive 森下卓九段>携帯中継の記者の方のご要望もありましたので、私が一番感銘を受けた米長語録を。「スランプとは、長所の伸び過ぎで全体のバランスが崩れている状態のことをいう。それ以外は、単に弱いか、努力不足なだけだ」。"

Twitter / shogi_mobile (via kogumarecord)

(deli-hell-meから)

"小学生の娘がエコキャプ運動でフタ溜めてて、”そんなんエコじゃないエゴだ!本当のエコはペットボトル使ない!”って言うと、娘は泣くし嫁は激怒するし、中学生の娘に”パパ!日本で暮らしていくには理不尽な活動でも協調しなくちゃいけないんだよ!”と諭されたアカウントがこちらになります。"

Twitter / urchinhead (via twinleaves)

2012-04-24

(via mmtki)

(元記事: himmelkei (deli-hell-meから))

"

私は一瞬、そのお母さんが

「何するのよ! こんなことして!」と叫んだり、子供を叱ったり、

子どもが泣き出したり、という嫌なシーンを想像しました。


しかし、なんと、そのお母さんは「やったわね~」といっただけ。

その子も「やっちゃった~」と言って、二人で顔を見合わせて、

プッと笑ったのです!


そして、お母さんはちっとも取り乱さずに、

私たちに「すみませんね」と謝ると、

「あなたは床を拭いてね」と子供に雑巾を渡し、

自分は服やテーブルを拭きました。

片付け終わると、

何事もなかったかのように続きを話し始めたのです。

"

ジュースこぼしちゃった - teruyastarはかく語りき (via world1984) (via ssbt) (via mizushike) (via ckeiskei, tosawan) (via shortcutss) (via shinoddddd) (via ibi-s) (via deli-hell-me)

"駅前で「もう!言うこと聞きなさい◯◯ちゃん!座りなさい!座って!」って大声で怒ってるお母さんと駄々こねる子供、そして少し離れた場所で急におすわりをする全然関係ない人の犬。"

Twitter / hachi_100smiles (via gearmann)

(deli-hell-meから)